初心者でもお得に中古車を買う方法とは?ポイント3つご紹介!

人気のボディカラーは避けましょう!

日本の中古車市場で人気のあるボディカラーは白や黒といったモノトーンです。それはミニバンや高級セダンほど顕著で、人気のボディカラーとそうではないボディカラーでは価格が約50万円ほども違ってくることだってあるんですよ。ですから、お値打ちに購入したいのなら、そういったボディカラーは避けた方が賢明ですよ。もちろん車種によって人気色は異なりますので、気に入った車を見つけたら、お店の人に確認するようにして人気色を把握してくださいね。

内装にこだわらないようにしましょう!

車は外見で選びがちですが、内装も判断材料に加えましょう。人気の装備と言えば、純正ナビやレザーシートにサンルーフといったところでしょうか。ですから、人気の装備から外れた車を選べばお値打ちに購入することができるでしょう。最初から装備がついていなくても、購入してからカー用品店で購入して後付けできるものもありますよ。そうした方が安く上がることだってあり得るのです。さすがにサンルーフを取り付けることはできませんが、レザー調のシートカバーを取り付ければいいでしょう。少しの妥協が必要ですが、自分で好みのようにカスタマイズすれば、自然とその車に愛着がわいてきますよ。

走行距離を意識してみましょう!

中古車というのは、走っていれば走っているほど価格に反映されます。5万キロを超えている車はガクッと値が下がるんですよ。そんなに走っていると不具合がありそうと思われるかもしれませんが、実はその限りではありません。2,3万キロしか走ってないけど、メンテナンスを受けた様子がない車よりも、たくさん走っていてもしっかりとメンテナンスされてきた車では、当然後者の方が良いでしょう。気に入った車があったら必ず走行距離と整備記録簿を確認するようにしましょうね。

ボルボを中古車で購入をする場合には、整備などをしっかりとしている専門店であれば高品質なものが手に入ります。