スキー場はスキーを楽しむだけのものではありません-その3選

スキーの旅行は冬景色を楽しむものでもあります

スキー旅行はスキーを楽しむことがメーンではありますが、決してそれだけではありません。雪の無い世界から雪国に行くのですから、冬景色を存分に楽しまなければ損です。バス旅行にしても飛行機でのツアーにしても、旅行の途中で冬に変わる地点があるのです。日本列島は縦に長いため、旅行のコースを工夫すると「長いトンネルを過ぎると、そこは雪国だった」というドラマを演出することができます。スキー場に到着するまで寝ていては勿体ないのです。

スキー場の山頂は普段行くことがありません

スキー場は滑ることができない人でも楽しみ方はいろいろあるのです。そのためには、山頂からの眺めが良い所を探すことです。山頂とは普段は登山をしなければ登ることはできない場所です。そこまでゴンドラやリフトに乗ると数分で到着できるのです。日本は山国でもあるので、各県に富士といわれる山がたくさんあります。また、日本海や太平洋を見ることもできます。子どもをゴンドラに乗せて、山頂に行きそこからの絶景は強烈な印象を焼き付けるでしょう。

スキーの後に何があるかも用意しておきたいのです

スキー場に行くには準備と時間がかかるものです。単にスキーを滑りにいくだけでは芸がありません。スキーの後は何をするかも十分考えてスキー場を選択しておかなければなりません。冬山はどんなに気温が暖かくても、マイナス10はありますし、山頂行くと更に気温は下がります。常に天候が良いとは限りません。雪が降ったり、吹雪になることもあります。寒さを我慢して滑ったあとは、やはり温泉が最高です。温泉旅館でも大きな湯舟のあるところは早く湯に浸かれます。

スノボツアーは、様々な業者が取り扱っており、料金や日程、特典など、様々な点がツアーによって異なる場合があるため、十分に比較しながら選ぶ必要があります。